読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像すらも越えた世界

楽しまなきゃ損じゃない?

アニバーサリーイヤーを考える ~V6が20周年を迎えましたよSP~

V6

2015年になって2ヶ月とちょっとが過ぎました。V6のみなさんはいかがお過ごしでしょうか。紅白だなんだと騒ぎ、涙したのもずいぶんと昔のことのようです。毎日があまりにも穏やかに過ぎていくせいでうっかり忘れてしまいそうになるかもしれませんが今年はV6の20周年記念の年です。

森田剛くんが天下を取る中、三宅健くんが親友と一緒じゃなきゃ新グループに入らないと駄々をこね、トニセンのお歴々が念願のデビューに涙し、地方のラグビー少年岡田准一くんが白のオーバーオールとドライヤーだけで東京に取材がてら遊びに来たら枚方に帰れなくなってしまった1995年から20年経ったんですよ!あのアニバーサリーイヤーを大事にすると一部で言われているジャニーズ事務所が黙っているわけがない!と思って過ごしていたら3月になってしまった。このままでは1年の4分の1がさらっと終わってしまう気しかしない。

そんな今現在、メンバーの一人が日本にいない。写真集を撮っているわけでもバカンスを楽しんでいるわけでもないのにアイドルが海外にいる。しかもかなりの辺境。世界最高峰の辺境。なんてこった。

今年に入ってからの6人それぞれの活躍はテレビやラジオなどで見聞きし、岡田さんのアカデミー賞受賞には泣き崩れましたが、いかんせんグループの集合図式を最も好む一介のファンである私。つらい。これはつらすぎる。

まぁ水面下ではいろいろ動いているし、エキストラ参加のPV撮影もあったようで、別にこのままあっという間に年末になるんじゃないかと不安がっているわけでもないのですが、なんと言っても落ち着かない。全くもって落ち着かない。岡田さんが納得のいく撮影を終え無事帰国するのを日々祈りつつ、私にできることはといえば勝手に妄想を繰り返すことくらいです。(あとはいつでもすばやくお金を貢げるようバイトでお財布を暖かくしておくとか。)

 
だったらもうこの際、ジャニーズグループ各々のアニバーサリーイヤーをさらっと見直してまとめとくか。どうせ落ち着かないし。そうして来たるV6の数々の20周年企画を妄想して過ごすしかない!そう思ったので、以下、SMAPTOKIO・V6・KinKi Kids・嵐の10周年・15周年・20周年をファンの目から見える範囲*1でのグループ活動を中心に振り返ってみました。*2
それぞれアニバーサリーイヤーに発売されたもの(CD、書籍など)、行われたイベント(コンサート、握手会など)、出演したもの(TV番組、映画など)をただ並べただけですが、何かの参考になれば。(括弧内の数字は日付を表します)
 
※私はV6ファンなので他グループには全く詳しくありません。基本的にV6の20周年を考えるのがメインなので、個人的なコメントはほぼV6についてしか言及していません。V6ですらドドドドド新規ですので、抜けがたくさんあるかと思いますがその点はどうかご容赦下さい。コメントなどで問題点ご指摘いただければ訂正します。詳細など分かり次第、追記いたします。
 
 
 《10周年》
 
SMAP(1991/9/9~)
2001年 デビュー10周年
 
○シングル
「smac」(7/28)
 
○アルバム
「Smap Vest1」(3/23)
10周年記念シングル全曲ベストアルバム
「pamS」(8/8)
10周年記念カップリングベストアルバム
 
○コンサート
SMAP'01 "pamS Tour"」(10/14-11/27)
9ヶ所20公演
 
○レギュラー番組
 
○特番
世にも奇妙な物語 SMAPの特別編』(1/1)
 
○CM
・NTT(NTT東日本)
 
 
TOKIO(1994/9/21~)
2004年デビュー10周年
 
○シングル
「自分のために/for you」(11/17)
 
○アルバム
「BEST EP SELECTION OF TOKIO II」(5/9)
ベストアルバム
「TOK10」(9/1)
10周年記念アルバム。初代ジャニーズからV6までの歴代ジャニーズアーティストのカヴァーを収録。
 
○ライヴ
JR東海presents TOKIO Live Tour 2004 AMBITIOUS JAPAN!」(1/31-3/28)
TOKIO 10周年記念公演」(9/11‐19)
 
○レギュラー番組
 
○特番
『第55回NHK紅白歌合戦*3
 
○CM
・AMBITIOUS JAPAN!キャンペーン(東京旅客鉄道)
 
 
【V6】(1995/11/1~)
2005年 デビュー10周年
 
○シングル
UTAO-UTAO」(6/22)
「Orange」(10/12)
 
○アルバム
「musicmind」(11/1)
オリジナルアルバム
デビュー日に発売っていいですね。10年前も同じように店頭でCD買ったなぁて思い出すファンも相当数いらっしゃったでしょう。
 
○コンサート
「V6 10th Anniversary Concert 2005「musicmind」」(11/2-12/28)
10か所22日間28公演
今回調べた中では公演数最多。ドーム使わない方針みたいだから公演数増やすしかなかったのかな。今更すぎるけどお疲れ様。
坂本さんの命をかけた「Shelter」が解禁となりました。ついでに裏Shelterも産声をあげました。20周年では何が解禁になるのでしょう。カメラの前で「10年後も全員でバク転」と言っちゃった井ノ原さん、恐れていた10年後が来てしまいましたが、リーダーの腰のほうは大丈夫ですか?無理しなくていいですよ。アクロバットなくてもV6のコンサートは楽しいです!
 
○レギュラー番組
・北海道6人旅(11/1)…10周年記念企画として放送されたかの有名な通称修学旅行
番組の放送日がちょうどデビュー日にかぶるという素敵な奇跡。いろんな伝説が生まれました。番組の最後にはイベント中の代々木体育館と中継が繋がり、わちゃわちゃと「Wonder World」を歌う6人の姿が茶の間に流れました。行きたかった。…あれ?涙が。…次へ行きましょう。
『VivaVivaV6』
 
○CM
(…誰かV6にCMをください。どうして10周年にCMなかったんですか。(小声))
 
○その他
・写真集「20th Century『10』TONI-TEN〜as stage players〜」(6/8)
・ミュージアム「V6 10th ANNIVERSARY MUSEUM」期間限定オープン(10/11-12/11)
記念ついでに博物館までできちゃうV6。他にはなかなかないイベントですね。行きたかった(2回目)。
・V6主演映画「ホールドアップダウン」公開(10/28)
最近ではグループで映画というのも増えましたが、この頃はまだ珍しかったのでは?しかも謎すぎるシナリオ。嫌いじゃないです。秋の信越6人旅*4サワノボリタカシ沢村光一のまま旅をしていた岡田さんが思い出されますね。
・イベント「thank you☆mind 」(11/1)
・写真集「HOLD UP DOWN V6 photographs」(11/3)
・6大都市における握手会(11/6-12/26)
握手会なんてまじアイドル。行きたか(略)
 
こうして見ると、この頃のV6は実に活動的(遠い目)。なかなかのハードスケジュールですね。
 
 
KinKi Kids(1997/5/29~)
2007年 デビュー10周年
 
○シングル
BRAND NEW SONG」(4/25)
「永遠に」(9/12)
 
○アルバム
「Ø」(11/14)
オリジナルアルバム
「39」(7/18)
ファン投票のセレクションアルバム。
 
○コンサート
「We are Ø'n39!!AND U ? KinKi Kids Live in DOME 07〜08」(12/23-2008/1/1)
2か所6公演
年をまたがってコンサートを行うKinKi Kids。東京ドームの年末年始は決まってKinKi Kids。カッコイイ。毎年たくさんの人に誕生日を祝ってもらえる光一さんですが、誕生日一日中仕事ってことですからねー。
 
○レギュラー番組
 
○CM
・DARS(森永製菓)
 
○その他
・イベントKinKi Kids 10th Anniversary in TOKYO DOME」(7/22)
    1か所1公演
・FC会員限定10周年記念品(カードケース)
 
 
【嵐】(1999/11/3〜)
2009年 デビュー10周年
 
○シングル
「Believe/曇りのち、快晴」(3/4)
明日の記憶/Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜」(5/27)
「Everything」(7/1)
マイガール」 (11/11)
嵐さんがスターダムを駆け上がり始めたころですね。
シングルとても多い。すごい。「マイガール」のMV好きでした。あんな兄弟設定MV、いつかVさんもぜひ。
 
○アルバム
ベストアルバム「All the BEST! 1999-2009」(8/9)
 
○コンサート
「ARASHI Anniversary Tour 5×10」(8/28-1/17)
6か所15公演
 
○レギュラー番組
『バニラ気分!』(-9/26)
・驚きの嵐!世紀の実験&奇跡呼ぶ生ライブSP!!(11/1)…10周年記念企画
5000枚のサイン色紙のうち10枚を視聴者プレゼント
・アラオケ館へようこそ!(10/29)…10周年記念企画。日頃のファンへの感謝をこめ、カラオケ館で嵐の曲を歌ってくれた客のもとへ乱入。
なんという神企画。私今年はカラオケでほぼV6しか歌わないから、いつでも乱入してくださいVさん。待ってます。皿割ったり、Shelterダンスしましょう。
VS嵐
 
○特番
嵐CHALLENGE★week』(10/25-11/1)
嵐初の冠番組『真夜中の嵐』を放送した日本テレビの様々な番組に一週間、メンバーが50時間以上出演したコラボレーション企画
・『驚きの嵐!世紀の実験 学者も予測不可能SP&奇跡を呼ぶ実験的生ライブ!!』(11/1)*5
嵐CHALLENGE★weekの最終日のSP番組
 
○CM
・C1000ビタミンレモン、ビタミンゼリー、レモンウォーター(ハウスウェルネスフーズ)
 
○その他
・イベント「嵐in東京ディズニーシープレミアムイベント」(11/20)
    ハウス食品のキャンペーンに当選した3525組7050人を招待
友達がハウス食品食べまくって応募してたなぁ。結局落選してたけど。
・サイン色紙プレゼント
FC会員に抽選でサイン色紙5000枚をプレゼント
1年間かけて書いたそうです。忙しい合間を縫ってファンのために書いてくれたのかと思うと気持ちだけでうれしいですね。
 
総じて嵐さんは忙しそう。の一言に尽きる。この頃からずっとこんな調子だなんてすごい。過労で倒れないでくださいまじで。
 
 
《15周年》
 
SMAP(1991/9/9~)
2006年 デビュー15周年
 
○シングル
Dear WOMAN」(4/19)
今でもTSUBAKI見ると脳内再生されます。とても好きでした。SMAPから全日本女性へメッセージを送ってくれてるようなかんじとてもいい。5人のサイン入りCDを『SMAP×SMAP』に出演したマイケル=ジャクソンにプレゼントしたそうです。
「ありがとう」(10/11)
CDジャケットには蟻が10匹。かわいい。ファンへのありがとうもあるだろうけど、支えてきてくれた仲間や家族へのありがとうが強い気がする(そもそもドラマ主題歌だけど)。ごめんなさいSMAPさん詳しくないので個人的見解ですが。とりあえずなんか泣ける。
 
○アルバム
Pop Up! SMAP」(7/26)
 
○コンサート
Pop Up! SMAP - 飛びます! トビだす! とびスマ? TOUR」(7/30-10/9)
8ヶ所21公演
 
○レギュラー番組
 
○特番
『第57回NHK紅白歌合戦*7
 
○CM
 
 
TOKIO(1994/9/21~)
2009年 デビュー15周年
 
○シングル
太陽と砂漠のバラ/スベキコト」(8/19)
 
○ライヴ
TOKIO LIVE TOUR OVER 30's WORLD」(9/22‐10/8)
 
○レギュラー番組
5LDK
 
○特番
『一流選手とマジ対決!TOKIO☆ドリームチャレンジ!!』(1/1)
 
 
【V6】(1995/11/1~)
2010年 デビュー15周年
 
○シングル
「only dreaming/Catch」(9/1)
 
○アルバム
「READY?」(3/31)
 
○コンサート
「V6 ASIA TOUR 2010 in JAPAN「READY?」」(4/3-6/13)
6か所14日間19公演(うち追加7公演)
コンサートでバク転(台宙)するのはこの時を最後にまだ解禁されていない。でもあの台宙がジャニーズで伝説となったとかならないとかで、語り継がれているらしいのでファンの私ドヤ顔。友達にいつも見せて自慢している。ラストの挨拶で坂本さんが「V6も今年で15周年を迎えました(中略)これからも僕たちと楽しい思い出作っていきましょう!」と言った以外特別アニバーサリー感はない。だからこの挨拶とても好き。
 
○レギュラー番組
『VivaVivaV6』(-3/19)
『新知識階級 クマグス』(-9/23)
『MissionV6』(10/12-)
結構番組が終わっちゃったりして悲しい。VVV6のラストで石塚さんが6人に宛てた手紙を読んだ時号泣した。V6を調べると必ずV6エンジンが出るのを疎ましく思っていた気持ちが「世界最速の6気筒エンジン」という言葉に払拭された。ちなみにとても個人的なことだが、私の名字がとある女芸人さんと一緒で、彼女がこのVVV6の最終回に出てくれたおかげで、「付き合うなら誰?」という質問に6人全員が私の名字の札を挙げるのを見れたという思い出。もうしんでもいい。…ハッ!20周年見届けるまではまだ死ねない!
 
○特番
『V6が作る新日本地図 47ピースの大冒険!』(4/7)
実に謎な特番。特別15周年を祝うわけでもなく、全国に散らばる大量の食材を探し求めるミッションを多忙な6人に時間制限付きで押し付けた。でも10周年キャンプファイヤー以来のV5によるリーダーの掛け声無視や、剛くんの迷言「ポケットに夢としいたけを詰め込んで☆」などが見れたので満足。
 
○CM
(…やだから、CMくださいって。なんで関西セルラーから御茶田までそんな空いたの。(小声)) 
 
 
KinKi Kids(1997/5/29~)
2012年 デビュー15周年
 
○シングル
 
○コンサート
「King・KinKi Kids 2011 - 2012」(-1/1)
2か所5公演
KinKi Kids Concert Thank you for 15 years 2012-2013」(12/23-2013/1/1)
2か所5公演
CDデビュー15周年にちなんで、アリーナには15をかたどった花道が用意された。
 
○レギュラー番組
 
○CM
 
 
【嵐】(1999/11/3〜)
2014年 デビュー15周年
 
○シングル
「Bittersweet」(2/12)
うちの母が何故か突然「松潤すごくしっかりしてる!応援したい!」と言い出し『失恋ショコラティエ』を見るも石原さとみが嫌いだなんで出てるのと騒ぎ出し結局一週間ほどで松潤にも冷めてたっていう思い出。受験生だった私はなんにしろそれどころじゃなかったが。
「GUT!」(4/30)
「誰も知らない」(5/28)
 
○アルバム
「THE DIGITALIAN」(10/22)
発売週にV6とミニステで絡んでいたのはいい思い出。V6の歌唱中、嵐5人がちまっと集まってモニターを凝視していたとのつぶやきがTwitterで回ってき、なんてステキな後輩たち…!!と思った。
ところで嵐6推しは主にV6ファンだけだとどっかで聞いたんですけどそうなんですか?残念。それにしてもVさんもアルバム出したらMステ出てた頃あったんだよなぁとか思ったり。しみじみ。
 
○コンサート
「ARASHI BLAST in Hawai」
1会場全2公演
嵐がデビューしたハワイでの初ライブ
ハワイでデビューっていうのはなんとも派手で個人的な嵐のイメージにぴったりなんですが、その裏でたくさん苦労した時期もあったことを聞くとなんかもう涙が…。ハワイに再び舞い戻れてよかったねぇぇ(涙目)。ファンの皆さんもお財布事情にさぞかし涙したことでしょう。
Vさんは井ノ原さんの言うとおり熱海あたりで十分です。学生の私にはお金ないんで。井ノ原組なら熱海のリゾート地で「うぉぉ!!ハワイだぜ!!!」と茶番を始めることも余裕だと思います。
「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN」(11/14-12/23)
5か所18公演
 
○レギュラー番組
VS嵐
・嵐5人だけの慰労会(11/7)
これちゃんと見ましたよ。大野さん泣いてましたね。私もボロボロ泣いてました。デビュー後の辛い日々を考えると、今の活躍ぶりが泣けるというか。本当によかった。みんなたくさんもう辞めたいとか考えたんでしょうけど、誰一人欠けずに今があるってなんて素晴らしいんでしょう。
やっぱりファンが一番見たいのってメンバーだけが画面いっぱいに広がってる世界だなぁと思いました。こういう番組とてもいい。各グループやってDVDにしてくれ。と言いたいけど、1日中撮られてるとかプライベートもクソもないな。
・嵐の休日inハワイ 前編(11/1)
・嵐の休日inハワイ 後編(11/8)
休日とかいってやはりガッツリカメラ回ってる。アイドルって大変!!
とてもとても余談ですけど「休日」と聞いて「way of life」と岡田の休日が脳裏を横切ったあなたはナイスVファン脳!
 
○特番
『こたつDE嵐』(1/3)
『嵐 LIVE & DOCUMENT 〜15年目の告白〜』(11/7)
NHKはたまにいい感じのドキュメンタリーしてくれる。期待してるよ今年。
『第65回NHK紅白歌合戦*9
井ノ原さん&岡田さんの曲紹介も泣き所。後に櫻井さんが、15年間が走馬灯のように流れたと、この時を振り返っていたのを知って、なんの関係もない私がほとんどない嵐に関する知識を総動員して脳内で走馬灯を流して泣いた(私泣きすぎか誰だよ)。
 
○CM
エコにたし算(日立アプライアンス)
日立自動車
 
○その他
・映画『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』
2004年に公開された映画がTOKYO DOME CITY HALLにて期間限定上映 
ハードラックヒーロー」「ホールドアップダウン」も再上映しましょう。
 ・嵐のワクワク学校2014 ~友情がもっと深まるドーム合宿~ (6/7-29)
 
まだ記憶に新しい嵐15周年。様々な番組企画があり、それなりにテレビを見る人なら誰もが嵐の15周年を認識していたであろう具合の盛り上がり。
もともと15周年って10周年20周年に比べると少し中途半端だし、それほど大々的に宣伝することでもないのかなと思い、書く予定はなかったのですが、なにしろ2014年の嵐15周年のイメージが強すぎたため、急遽付け加えることに。というか去年の嵐の動向を少しでも知りたいという好奇心から、嵐のために他グループの15周年の分も書いたかんじ。
まぁさらりと15周年を終わらせる地味なV6も嫌いじゃないんだけど(大好き)。
 
 
 
《20周年》
 
SMAP(1991/9/9~)
2011年 デビュー20周年
 
○シングル
「僕の半分」(12/21)
 
○アルバム
SMAP AID」(8/17)
ファン投票によるベストアルバム
ファン投票っていうのやってみたい。いつでも投票できるよう、今のうちからリストアップしておくので、Vさんお願いします。カップリングのベストとかほしい。
 
○コンサート
東日本大震災の影響により、コンサートツアーは行わず、20周年を記念するファンミーティングを行った。
 
○レギュラー番組
 
○特番
SMAP☆がんばりますっ!!』(人と人とのつながり)(4/2)
『フジテレビ夢スペシャタモリ×SMAP 僕らは未来を信じよう! 〜宇宙への挑戦と奇跡の物語〜』(4/4)
『第62回NHK紅白歌合戦』(12/31)*10
 
○CM
スカルプDシャンプー
 
○その他
Marching J (4/2-3)
・「SMAP ファンミーティング2011」(8/14-9/9)
・イベント「11年SMAP北京コンサート 頑張ろう、日本! ありがとう、中国! -アジアは一つ- プロジェクト」(9/16)
・イベント「祝20周年! SMAP FaN×FuN PARTY 2011」(11/12-13)
ファンミーティングに参加できなかったファンを対象としたイベント
・期間限定CD「RUNNING SMAP!」(12/8-2012/1/9)
SMAP SHOPでのみ販売された「2012年もその歩みを止めることなく走り続ける」との思いを込めた楽曲を収録したCD。390円のサンキュー価格で販売。
・FC会員限定記念品(パスケース&ネックストラップ)
 
 
TOKIO(1994/9/21〜)
2014年 デビュー20周年
 
○シングル
「LOVE,HOLIDAY」(5/21)
 
○アルバム
「HEART」(7/16)
ファン投票によるベストアルバム
 
○ライヴ
JRA 60th presents TOKIO 20th Anniversary Live Tour HEART」(8/1-11/2)
 
○レギュラー番組
 ・3時間SP…同番組の中で歴代2位の高視聴率を記録
みんなの城島リーダーによるコメント「20年の節目で汗をかかせていただいた締めくくりの日曜日の夜も高視聴率という知らせに感謝の思いでいっぱいです。今後とも、TOKIO一丸となって諦めない精神で全力でDASHしていくことを誓います」
 
○特番
『大航海ごはん』(1/4)
24時間テレビ』(8/30-31)
かっこよかったですリーダー。
『祝20周年!TOKIOスペシャルDAY』(9/21-28)
日テレの人気番組と様々なガチンコ企画でコラボ!コンセプトは「汗をかく」
TOKIOの代名詞である『ザ!鉄腕!DASH!!』に始まり、翌週の『ザ!鉄腕!DASH!!』で締めくくる8日間!
『第65回NHK紅白歌合戦』(12/31)*11
紅白出場ジャニーズが一丸となって騒ぎ最高に盛り上がったステージでした。井ノ原さん可愛かった。普段ジャニーズ集合の場では後ろへ後ろへな坂本さんもわりといいポジションでノッていたのに感激した。会場の一体感ハンパなかったし、みんなをその気にさせた長瀬かっけーの一言に尽きる。しかも客席まで歌完璧\おんりーゆー!/
さすが日本一の茶の間アイドル。ありがとう。
 
○CM
・新宅急便キャンペーン(ヤマト運輸)
・県産農林水産物PR事業(福島県)
…こんなところからお声がかかるとはさすがTOKIOとしか言えない。
JRA
 
○その他
・イベント「SUMMER SONIC 2014」出場
・FC会員限定記念品(パスケース)
 
TOKIOの20周年も記憶に新しい。ただのお茶の間ファンも一緒に盛り上がり感動することができた1年間。おじさんアイドルへの注目を喚起することに成功。 
 
 
 
さてさて長ーーい比較も終わり、V6の20周年をちょっとだけ妄想しましょう。
 
10周年の頃は年に2枚ほどのシングルが主流ですが、20周年ではSMAPTOKIO共に1枚となっています。V6はというと今現在すでにいろんな新曲の存在だけが知らされ、それがシングルなのかカップリングなのかはたまたアルバム曲なのか予想が飛びかっております。4月からの9係の主題歌は今までどおりシングルとして発売されると思うのですが、他にもシングルがあるのか期待が膨らむところです。
 
続いてアルバムですが、アニバーサリーイヤーには2つほど出されることが多いですね。ファン投票のベストアルバムは総じて評判もいいし、ぜひともV6にもお願いしたいところ。V6は今まで2回ベストアルバムを出していますが、2001年と2006年という少々中途半端な時期。Very best Ⅲが出ることを祈っております。
 
コンサートは雑誌などでも話しているようにやる気満々と言った様子で、多分準備も進んでいることでしょう。わくわく。他のグループは全体的に夏以降にコンサートをすることが多く、デビュー日前後に始まったり終わったりというかんじ。意外とデビュー日はコンサートしないんですね。しかしコンサートとは別にイベントを開催してくれる場合もあったりで、ここもV6はどうでるのか分かりませんねぇ!
 
テレビ番組に関しては、基本的にどのグループもレギュラー番組で一番大きくかつ面白く取り上げてくれるものですが、なにしろゴールデンに番組がない!だから想像もつかない!去年の紅白だかなんだかの時のワイドショーでどっかのアナウンサーさんが、「来年はデビュー20周年ということで、各テレビ局も特番を企画しているそうです」みたいなこと言ってたから信じてるんだけど、大丈夫?これ信じて大丈夫?各テレビ局て言ったら主要民放4社とNHKで最低1個ずつ特番やってくれるってことだと思うからね私。
まぁあんまり期待してもアレなんで気長に待つしかないですけど。ただなんというか、今まで全っ然グループでテレビに出なくてたまに出てくるのに号泣するっていうパターンに慣れてしまったせいで、もし他のグループみたいにいろんな番組に1週間出続けるとかなったら気が動転してなんか訳わからんけど1週間泣き通しで大学にも通えないので困るかもしれない。一人一人違う番組にお邪魔するパターンとかだったら、全然前へ出ない人達だから一体誰目線なのかよく分からんけど心配で心配で見てられない気もする。
ちなみに特番もやっぱりデビュー日前後が一番多いですね。11月1日に6人に会いたい気持ちは山々ですが、そうなると当然イベントの当落がでちゃうので、だったら当日は全国のファンみんなでテレビの特番に貼り付くっていうのも悪くないかもしれない。近くのファン皆で一人の家に集まってキャーキャー見るのとか楽しいと思うんだけど。10周年の時みたいに最後だけ中継してくれるってのもなかなかないので好き。そういや去年の『FNS27時間テレビ』ラストでのSMAPのノンストップライブすごく感動して。あんなのやってほしいな。テレビで流してほしいな(わがまま)。そもそも皆がV6のファンにならないのはライブを見たことがないからだと思うんですよ。1度見ていただきたいですよね、彼らの歌い踊る姿を。話はそれからだ。
Twitterでは24時間テレビのほうのパーソナリティになってほしいとか言われてて、もちろんぜひやってほしいものの、去年の関ジャニ∞は確かに10周年だったけど、他の年でアニバーサリーイヤーにパーソナリティやってるグループあまりいないんですよね。坂本さんが走る説とかあるけどやめてよ泣くから!!*12
 
あとは何でしょう。写真集とか1冊出してくれたらまた10年ぐらい生きていけます。よろしくお願いします。FC会員限定記念品は貰えるのなら個人的にはなんでもうれしいです。10周年の時のオリジナルチャーム、賛否両論あるみたいですが、私は好きですよ。失くすのがこわくてもちろん使えないけど、なんなら毎日ネックレスとしてつけておきたいくらい。どこの誰が選んだのか知らないけど、他のグループがパスケースとかの中、なにあの別格感。オシャレ感。箱の重厚感。オトナでセェクシーなV6らしい。そういや3日前、電車内で初めて関ジャニ∞のパスケース使ってる子見かけて「おぉ〜!」て声が漏れた。ホントにいるもんですね。
それからあともう一つぐらいCMください。私テレビでAGFのCМ見たことないんです。なんでだろう。運が悪いのかなぁ。
最後に本人達はすっかり最初で最後の紅白を楽しんだ感満載になってるけど、よければ今年も出てほしい。NHKさん受信料払いますから(土下座)。そうしたらVファンの2015年は感涙で始まり感涙で終わる感慨深い一年になるだろう。伍代夏子さんもまたご一緒したいとおっしゃって下さったので、リベンジしましょう健くん!!
 
 
そんなこんなでびっくりするくらい無駄に長くなって一体誰が読むんだという記事もそろそろここらへんで。いいんです。自分で見返したかったから。
 
 
それでは皆さん!
V6のルール『楽しもう!』
20周年楽しむ準備できてますかー!?
オーーーーーーーーーッ!!٩( ^ω^ )و
 
 
【V6】(since 1995 ~ forever)
2015年 デビュー20周年
 
\Coming Soon!!!/ 
 
 
 

*1:ファンからは見えない場面でもいろんな活動をしたと思うし、メンバーだけの打ち上げパーティとかワクワクドキドキな何かがあったかもしれないけど、なにしろ見えないものは書けない

*2:個人の仕事で周年記念とは関係が薄そうなものは省かせていただきます

*3:出場11回目、「自分のために」を歌唱

*4:学校へ行こう!MAX』2005/12/6、12/13放送分

*5:瞬間最高視聴率29.8%を記録

*6:初出場、「嵐×紅白スペシャルメドレー」を歌唱

*7:出場14回目、「ありがとう」を歌唱

*8:出場16回目、「太陽と砂漠のバラ」を歌唱

*9:出場6回目、白組司会4回目、「2014 Thanks Medley(感謝カンゲキ雨嵐、GUT!のメドレー)」を歌唱

*10:出場19回目、大トリ4度目、「SMAP AID 紅白SP(not alone〜幸せになろうよ〜、オリジナルスマイルのメドレー)」を歌唱

*11:出場21回目、「LOVE YOU ONLY」を歌唱

*12:坂本さんなら軽々と走りそうな気もする。ただファンの贔屓目なしで見るとテレビ的に城島リーダーほど盛り上がらないと思うので、まぁないだろうけど…